より良くテレビの映りをいいものに変えるための機器を紹介

取付工事

地デジの受信に関する情報

テレビアンテナ

見積り依頼

地デジアンテナを取り付ける場合は業者に依頼することが多いですが、その依頼も賢く行うことで費用を格安にすることが出来ます。その方法として多くの方が利用しているのが見積りになり、複数の業者に依頼をすることで比較出来るのです。

READ MORE
屋根

テレビの受信に役立つ機器

多くの住宅ではアンテナとテレビがあれば番組を楽しむことが出来ます。しかし、テレビを見るためには様々な機器が必要になっており画質や映像の乱れを抑えるために機器の知識をつけておくといいでしょう。

READ MORE
作業員

室内アンテナとは

テレビの放送を受信する役目を担っているアンテナですが、多くの方々がアンテナは外に設置するものだと思っているでしょう。しかし、最近では室内用のアンテナも開発されているのです。室内アンテナがどういった物か調べてみましょう。

READ MORE

地上波を受信するアンテナの形

アンテナの形は棒状で何本も重なり合っているイメージがありますが、最近のアンテナは室内に設置出来るように正方形の小さな形の物もあります。使いやすいものを購入すると良いでしょう。

テレビの受信に役立つ機器

屋根

2台以上のテレビには

家に2台以上のテレビがあり、それに対してアンテナは一つしか取り付けていない時は受信した電波を分けることが出来る分配器を使用しましょう。分配器はコンセント不足などの問題を解決してくれます。専門業者で設置も可能です。

映りが悪くなった場合

ケーブルの延長や、複数台のテレビを利用している場合にはテレビ自体の映りが悪くなってしまう事があります。しかしブースターと呼ばれている増幅器をケーブルとテレビの間にアンテナ取付業者に設置してもらえば映像も乱れることなく見れます。

配線自由のアンテナケーブル

アンテナケーブルを使わずにテレビを見ることは出来ません。また、ケーブルの種類や長さを選び自由に組み合わせることも出来ます。しかし、配線に関してはなるべく専門業者に依頼してセッティングしてもらうほうが安全で効率的です。

電波の強さで選ぶ地デジアンテナ

強電界地域で使うアンテナ

電波の強さは電界強度と呼ばれる強度で判断することが出来ます。放送局や電波塔の近くの家は強電界に位置しているので、電波状態も良く室内アンテナや小型アンテナでも十分テレビを受信することが出来ます。

多くの家庭で使用されているアンテナ

電波塔や送信所は一定の間隔で設置されています。そのため多くの住宅や建物は中電界地域になっているのです。この地域では平面アンテナであったり、素子数が少ないアンテナでも受信が出来ます。

建物が少ない弱電界地域では

電波の強い環境から外れてしまう弱電界地域では素子数の高いアンテナを設置しなくてはなりません。理由としては建物が多い強電界地域や中電界地域にある建物で電波が妨げられていることが多いためです。

人が少ない地域には高感度アンテナを

周りに建物がなかったり送信所から離れた場所に位置する微弱電界地域では、なるべく高感度アンテナを利用することをオススメします。また素子数も高いアンテナを設置することでテレビの映りも良くなります。

天候に左右されにくいタイプ

電波は天候によって左右されてしまう場合があります。どれだけ近くに送信所があっても画質が乱れたりする場合もあるので、全天候型のアンテナを設置することもオススメ出来ます。全天候型はドーム状の形状をしていることが多いとされています。